中村研一・琢二生家美術館とは

日本の洋画壇で活躍した中村研一・琢二兄弟画伯の生家に開設された個人美術館です。

 

従軍画家としても有名な兄研一は、堅実な具象化が魅力の画家で、弟琢二は柔らかな色彩と簡略な筆致が

持ち味の画家であり、兄弟共に日展の審査委員を努め、また共に芸術会員に推挙されています。

 

この生家美術館は二人が幼少期から青年期に至る多感なときを過ごした生家にあり、二人の幼少期のスケッチブック、

日記帳、家人との書簡、研一の「祖母トミ」像等生家ならではの多くの収蔵品は必見です。

 

母屋の建物は、明治40年(1907年)8月完成した寄棟・倉造りで、農家住宅と武家住宅を折衷した間取りになっています。

屋敷内にある樹齢500年を超す、大クスは兄弟画伯が故郷宗像を心から愛し、帰郷する度に見上げて心の安らぎを得た巨木で、

当美術館のシンボルと同時に旧唐津街道のランドマークになっています。